model cars

『ニッサン テラノ/レグラス LR50 TR50 LUR50 PR50 WHYD21 LBYD21 JLR50 JTR50 JRR50』フリーダウンロード 整備書 サービスマニュアル 配線図 CD DVD PD版

ニッサンテラノ(Nissan Terrano)は、日本の自動車メーカー、日産が製造・販売していたSUV(Sport Utility Vehicle)です。テラノは初代が1986年に登場し、1996年に生産終了しました。その後も2代目テラノが2002年から2014年まで製造・販売されました。

初代テラノは頑丈なボディとオフロード走行に適した性能が特徴で、アウトドアやアドベンチャー愛好家に人気がありました。キャビンは広く、5人乗りの快適なインテリアを提供します。また、後席を倒すことで荷室スペースを拡大することができ、大きな荷物やキャンプ道具を積載するのに便利です。

エンジンは、直列4気筒または直列6気筒のガソリンエンジンが搭載されており、トルクのあるパフォーマンスと十分なオフロード走行能力を提供します。トランスミッションは一般的に5速マニュアルまたは4速オートマチックが用意されていました。

また、一部のモデルでは4WD(四輪駆動)システムが採用され、悪路や雪道などの厳しい状況でも優れた走行性能を発揮します。

2代目テラノは、初代に比べてより都市部での利用を重視したモデルとなりました。より洗練された外観と快適な装備が特長で、5人乗りまたは7人乗りのバリエーションがありました。

テラノは、その堅牢な性能と実用性、オフロード走行能力により、多くのユーザーから支持を受けました。しかし、テラノは2014年に生産を終了し、日産は新たなSUVモデルの開発に注力しています。
テラノ/レグラス LR50 サービスマニュアル 無料ダウンロード 整備書 修理書 CD DVD PDF
ボディタイプ:SUV(Sport Utility Vehicle)
乗車定員:5人または7人
エンジン:直列4気筒ガソリンエンジンまたは直列4気筒ディーゼルエンジン
トランスミッション:マニュアルまたはオートマチックトランスミッション
駆動方式:前輪駆動または四輪駆動(一部のモデル)
全長:約4,300 mm 〜 4,500 mm
全幅:約1,760 mm 〜 1,770 mm
全高:約1,670 mm 〜 1,690 mm
車両重量:約1,300 kg 〜 1,500 kg
エンジン排気量:約1.6 L 〜 2.5 L
最大出力:約100 hp 〜 170 hp
最大トルク:約150 Nm 〜 350 Nm
燃費:約12 km/L 〜 20 km/L(燃料種類や仕様によって異なります)
SERVICE
SERVICE
エンジンオイルの交換はエンジンの正常な機能を維持するために重要です。オイルはエンジン内の摩擦を減らし、パーツの摩耗を軽減し、冷却と清浄化を助けます。古くなったオイルは汚れや異物を含み、潤滑性能が低下しエンジンの寿命を短くします。
タイヤの交換は安全性に直結します。タイヤは車と路面の接点であり、グリップと制動力を提供します。摩耗したタイヤはグリップ力が低下し、ブレーキの効きが悪くなります。新しいタイヤは安定したハンドリングと制動性能を提供し、車の操縦安定性を高めます。
バッテリーの交換は車の正常な動作を保証するために必要です。バッテリーはエンジンの始動や電気システムの動力源として重要な役割を果たします。老朽化したバッテリーは充電能力が低下し、始動トラブルや電気機器の不調を引き起こす可能性があります。新しいバッテリーは信頼性を高め、車の正確な動作を確保します。
無料★自動車サービスマニュアルダウンロード★