キャンピングカーライフ情報 キャンピングカー PUPPY480

ホンダのN-VANは、小型商用車であり、NV200とは異なる車種です最大の特徴は、全幅174cmのボディ。これまでのキャブコンにはない日本の道路事情に適したサイズとなっており、街乗りでの不安や駐車場での心配などで諦めていたキャブコン購入が現実に近づくのではないでしょうか。
 このボディサイズにもかかわらず、室内は充実。室内高、バンクベッドの長さ、ダイネット展開ベッドの長さともに190cmを確保し、高身長の方にも不自由のない仕様になっています。
 シェル部のスリム化により、車両重量も軽量化。ベース車両の最大積載量1250kgに対してPuppy480のシェル部は約1000kgとなっており、ベース車の持つポテンシャルを最大に発揮できるはずです。
情報サイト「キャンピングカー比較ナビ」を運営するキャンピングカー株式会社は4月4日、2022年3月の閲覧数ランキングを発表。低価格で装備充実の『Puppy480』が初の1位を獲得した。
株式会社キャンパー厚木から販売されているカムロードベースのキャブコン「Puppy480」は、現在注目されているキャブコンです。今回は、Puppy480のモデル概要やリセールバリューなどについて紹介します。注目度が高いPuppy480が気になっている方や新しいビルダーのモデルを買って高く売れるのか気にしている方は参考にしてみてください。
キャンピングカーライフ お役たち情報 自動車 DIY
☆車中泊でのメリット☆
車中泊には以下のようなメリットがあります。

1. 旅費の節約:ホテルや民宿などの宿泊施設に泊まる場合に比べ、車中泊は宿泊費を節約できます。

2. 自由度が高い:車中泊なら、自由に場所を移動することができます。観光地やキャンプ場だけでなく、道の駅や駐車場などでも泊まることができます。

3. アウトドア体験:車中泊はアウトドア体験の一つとして楽しめます。星空を見たり、自然を感じながら過ごすことができます。

4. 荷物の管理が容易:車中泊なら、車内に荷物を置いておけるため、荷物の管理が容易です。また、移動中にも荷物を持ち運ぶ必要がなく、移動がスムーズになります。

5. 安全面の確保:車内は施錠しておけば安全面が確保できます。また、緊急時には車で避難することができます。

以上が車中泊の主なメリットです。ただし、車中泊にはデメリットもあるため、安全やルールを守って楽しむことが大切です。